映画は人助けをしない

最新映画について書くことはあまりありません。基本的に古い映画について書いています。内容は古さを感じないものにしたいです。

松江哲明『童貞。をプロデュース』舞台挨拶事件の背景にある2つの事件と関連性について

 

※舞台上から撮影した別バージョンがアップされていました。上のバージョンでは聞き取れない会話がはっきり聞き取れますし、加賀さんの表情が見えてよりスリリングです。

松江さんはドキュメンタリー監督の代表格として知られる人で、様々なメディアで「ドキュメンタリー」について語ってきた。マイノリティの立場から発言する文化人として認識する人も多いと思う。

そんな松江さんの代表作『童貞。をプロデュース』撮影中に性的暴行を受けたこと、実はドキュメンタリーではなくフィクションであることを告発したのが、「プロデュースされた童貞」の一人である加賀さんだ。

部外者である私たち観客には、この事件の背景にある真実はわからない。唯一わかることは、加賀さんは一方的な主張をし、松江さんは黙秘したということだけだ。

その真実や作品そのものについては語るべき人がたくさんいるだろうから、この事件が持つ「ふたつの問題」との関連性をまとめる。これは単に「舞台挨拶という公の場で、著名人が下半身むき出しの男にフェラチオを強要された」おもしろ事件ではない。

  

ひとつは昨今のAV出演強要問題である。この記事での川奈まり子氏と中村淳彦氏の証言によれば、松江さんがAV業界にいた頃には既に出演強要は横行していて、2004年まで路上スカウトが合法だったという。

AV出演強要問題、この15年で業界は驚くほどホワイトになった | JAPAN Another Face | ダイヤモンド・オンライン

吉田豪氏の記事によると、元女優の穂花氏はこんな体験をした。

「AV時代、どうしても忘れることができない、許すことができないエピソードがひとつある。それは結果として私がAVの世界でナンバーワンを目指すきっかけにもなった事件でもあったし、人に対しての信用や距離感を改めて考え直すことになった出来事でもあった。ある、同業者の女優さん、そして彼女の周囲の大人たちがグルになって私を騙したあの事件......。事務所を移籍する、しないで彼女の優しい言葉に甘え、信じきってしまった......でも......それは初めから仕組まれたことだった。『事務所をやめる意志がバレた以上、家に帰れば拉致されるぞ』。そう言って、私はマンションらしき一室に連れていかれた。こういうのを『拉致』『監禁』って言うんだろうか」

 その同業者の女優に何度電話してもつながらなかったことで、彼女はようやく騙されていたことに気付いたらしいんですけど、これでもAV出演強要みたいなものは存在しない、クリーンな業界なんですかね? 2人とも、ここまで有名になったから「実は騙されてデビューしました」と言えるようになっただけで、立場的に本当のことを言えずにいる人も多いんじゃないのかなあ、と。

無理やりAV出演させられた女優たちの証言|ほぼ週刊吉田豪

穂花氏が監禁された部屋に大人が何人いたのかはわからないが、加賀さんの主張によれば、『童貞。をプロデュース』の制作現場でもこのような事が起きていた。

現場では無理矢理言わされていたが「AVは汚い」なんて僕は全然思っていないし、「女性器を見たことがない」というのも嘘だ。
というのも、僕はしばらくの間AVの仕事でご飯を食べていたし、その結果、色々な女性器を嫌というほど見てきたワケだし。
再三に渡って出演をお断りしたにも関わらずゴリ押しされた挙句、2部の冒頭では僕をステレオタイプな悪役に仕立てる為に、監督の連れて来た見知らぬ女性と並ばされて、あたかも僕が童貞を喪失してヤリチンになったかのような画を撮られた、というのも隠された事実だ。
それに、初対面の人たちの視線の中、パワハラ的な状況下で恫喝され性暴力を受けた結果、好きな女性への告白を決意するなんて、そんなアホな話ある筈がない。
告白シーンも嘘。ただのヤラセだ。
確かに、カンパニー松尾さんの「迷惑はかけるものだ」という言葉は説得力があって、実に良い言葉だと思う。
しかし、実際のところ迷惑をかけていたのは僕ではなく、監督の松江さんに他ならない。
僕は松江さんの顔をたてる為に、わざとああいう風な言い方をしたのであって、僕と松江さんとの間の話で言えばそれは全く別な話だ。
「取材に行くだけで何もしない」と嘘をついて僕を連れてきたのは松江さんなワケだし、土壇場で僕が拒否したところで、そのケツを持つのは松江さんというのが本来の筋だろう。そこを履き違えてもらっては困る。
本当のヘタレはどっちなんだ?
いくら大の男だといっても、密室で知らない大人に囲まれた非常にアウェーな空気の中で、苛立ちをあらわに「早くしろよ!」と恫喝され、パワハラ的な状況下に追い込まれたらどうか?
あれを暴力でなかったと言い切れるのか?
人として卑怯な行為ではないのか?
それをコミックリリーフとして使うその神経が僕には理解出来ない。
まー、イジメる側の人間にはイジメられる側の気持ちなんてわかんねぇんだろーけど。

あれは、一方的な価値観の押し付け以外の何ものでもない。

土下座100時間:世界で一番やさしいゲロ - livedoor Blog(ブログ)

フェラチオを強要された加賀さんは、性的暴行を受けただけではなく精神的苦痛を味わった、という、舞台上でもちんこを丸出しにしながら松江さんに繰り返していた主張だ。

バッキー事件やV&Rプランニングのマジキチ作品(鈴鹿イチロー追悼作品など)が映し出していた光景が作品の裏にあったのだとしたら、この作品を見る観客の目は大きく変わってしまうだろう。そもそも、「童貞をプロデュースするドキュメンタリー」という作品の根幹が成立しなくなってしまう。いくら監督自身が登場人物に干渉するのが作家性とはいえ、犯罪行為が行われていたとなると話は違ってくるだろう。

 

もうひとつは、去年、ベルナルド・ベルトルッチの名作『ラストタンゴ・イン・パリ』のレイプシーンが本物だったのではないかという疑惑が持ち上がった件だ。

映画 「ラスト・タンゴ・イン・パリ」の暴行場面めぐる非難に監督反論 - BBCニュース

記事によれば、主演のマリア・シュナイダーはレイプシーンの詳細を聞いておらず、同意を得ていなかったと監督自らが語った。シュナイダーは

実際の性交はなかったものの、場面は脚本になかったため、撮影は「屈辱的」で、「マーロンとベルトルッチの両方に少し強姦されたような気分だった」と話していた。またシュナイダーさんは、自分が後に薬物依存症となり自殺未遂を繰り返したのは、この映画でいきなり世界的な注目を浴びたせいだと述べていた。

さらに2013年のインタビューで監督は、シュナイダーさんはその結果「その後一生、僕を憎んでいた」と認めた。

ベルトルッチは、打ち合わせをしなかった理由について、

演技ではなく本物の「屈辱」を表現してもらいたかったからだ

と主張し、以下のように弁明している。

「ある意味でマリアにひどいことをした。何がどうなるか言わなかったので。なぜかというと、女優ではなく女の子としての反応が欲しかったからだ」と話し、「罪の意識は感じる」ものの撮影手法について「後悔はしていない」と述べた。

加賀さんの主張から、『童貞。をプロデュース』の撮影現場でもこのような事態が起きていたと思われる。『ラストタンゴ・イン・パリ』におけるベルトルッチとシュナイダーの関係は、『童貞。をプロデュース』における松江さんと加賀さんの関係に酷似している。「映画の撮影」という特殊な状況のもとで、個人の尊厳は「おもしろさ至上主義」に押しつぶされたのである。

  

このように、ふたつの大きな問題があり、舞台挨拶があった。そこで繰り広げられたスリリングなやり取りは想像以上に重たいものだったのだ。

松江さんは舞台挨拶以降沈黙を続けている。とても苦しい立場に追いやられ、下手に発言できないのだろう。私には彼がどのように立ち回っても昨日までのステータスには戻れない気がする。沈黙を貫いても、突っぱねても、しゃぶっても…。以下のような認識を持ってしまった人にはどのように見えるだろう。

個人的には、舞台上で大人の対応を取ってしまったことがすべてだと思う。加賀さんは「許すためにケンカしに来た」のであり、それを跳ね除けたのは明らかに悪手だった。若手映画人の代表的存在であり、Twitterを中心にクリーンなイメージを作り上げてきた松江さんにとって、沈黙を破るツイートは重大な意味を持つ。

 

以下、追記が続きます。長くなってしまったので「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む

メチャクチャな日本描写。フリッツ・ラング『Harakiri』(1919)を観て思ったこと

フリッツ・ラングと日本の関わりというと、若き頃、放浪の旅を続けていたラングは日本に来たことがあるという説があるほか、戦後、淀川長治青年がラングのもとを尋ねた時、『M』が好きだ!と伝えたらとても喜ばれたというエピソードが思い出される。*1

メトロポリス』に「吉原」の名が登場することは有名だが、実はラングは他の映画にも「吉原」を登場させていたのだ。それが『Harakiri』である。

*1:詳しくはこちらを参照されたし

淀川名画撰集 - M

続きを読む

ユロ氏の対極にいる車寅次郎とチャップリン

  1. 喜怒哀楽の感情を持ち、学び、働くなどの活動を行う、人らしい雰囲気。また、住まいについて、いかにも人が暮らす所という感じ。「―のある人」「―の漂う部屋」

せいかつかん【生活感】の意味 - goo国語辞書

 映画における生活感とは何だろうか。

そもそも、我々は普段、どのようなときに生活を感じるのだろうか。

続きを読む

D・W・グリフィスのマイノリティに対する価値観を『國民の創生』だけで決めつけてはいけない

D・W・グリフィスはアメリカ映画の父と称されている。映画製作の教科書『國民の創生』(1915)で現代映画の技法を駆使した素晴らしいストーリーテリングの方法を世界中に知らしめたからだ。

この映画は人道的に問題があるという意見もあり、町山智浩氏は近著『最も危険なアメリカ映画』で以下のように批判している。

『國民の創生』は、世界映画史上最大の難物だ。

現在、世界で観られている娯楽映画の基本的技術、文体、興行形態はグリフィスが『國民の創生』で、まさに「創生」した。それ以前の映画は、「貧乏人向けの見世物」と蔑まれていたが、『國民の創生』で初めて、文学や絵画や演劇と並ぶ芸術形態として認識された。「技術的には」間違いなく偉大な傑作である。

しかし、その内容は、歴史に対する意図的な歪曲、捏造、欺瞞、虚偽、そして悪辣な人種差別に満ちている。『國民の創生』は、その歪められた歴史観を世界に広めてしまっただけでなく、実際に暴力犯罪を扇動することにもなった。[…]優れた芸術によって社会に実害を及ぼした映画のひとつである。

 『國民の創生』の詳細は『最も危険なアメリカ映画』を読めばわかる。面白い本なのでぜひ読んでほしい。

難物『國民の創生』を生み出したグリフィス。しかし、彼はマイノリティや弱い立場にある人々に対する慈悲深さを持っていた。

続きを読む

フリッツ・ラングの同系統作品『飾窓の女』と『スカーレット・ストリート』の評価の差

フィルム・ノワールの監督としても知られるフリッツ・ラング

1944年に公開された『飾窓の女』は典型的なフィルム・ノワール作品とされている。暗い画面、ファム・ファタール、退廃的な雰囲気…。

映画評論家の梅本洋一は、こんな風にフィルム・ノワールを表現する。

フィルム・ノワール>と呼ばれる映画は、そうした明るい夜を背景にしている。明るい夜とは、実は、明るさと暗さが交錯する場所だ。光線は、ある空間を決まった形で照らし出しはするけれども、光と光の間に残された場所には、決まって都市の光とは別の、あの夜の暗闇がある。車も人々も、光の下へと集まりはするが、あえてその原初の暗闇の中にとどまろうという男や女もいる。<フィルム・ノワール>は、そうした暗闇の中の男女の映画である。

ミステリマガジン  1988年2月号

 都市の一部に取り残された暗闇の中で展開される犯罪映画がフィルム・ノワールだ。

続きを読む

自意識を持て余した女子高生を描いたコメディ『わたしはアーティスト』(籔下雷太監督)と『リンダリンダリンダ』

映画は誰かに観てもらうために作られる。商業映画にしろ芸術映画にしろ私映画にしろ、誰にも見られないことを目的に作られる映画は極めて稀だ。映画は第三者を考慮しなければ成立しない芸術といえるかもしれない。

『わたしはアーティスト』という映画がある。*1


『わたしはアーティスト』予告編 ◆SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2015 短編部門◆

「私は特別」という自意識を持て余す女子高生の可愛らしい青春映画だ。孤独の痛みをアート(笑)で埋めようとするけど、誰からも理解されない。容姿はどっからどう見ても普通。アートをやりそうなタイプの顔じゃないし、妹にはちゃかされる。そんな中、「変わってるね」と言ってくれる男子が現われて大変なことに…という、よくできたコメディ。

*1:籔下雷太監督。ぴあフィルムフェスティバルアワード2015 審査員特別賞、京都賞を受賞。2016年にテアトル新宿で上映された。私はどうしても観に行きたかったが、都合が合わなくて断念した

続きを読む

新興宗教に取り憑かれた男と必至で取り戻そうとする女の純愛映画『ある朝スウプは』(2003)

※ネタバレあり

『ある朝スウプは』という映画がある。監督は『凶悪』の共同脚本を務めた高橋泉。

ぴあフィルムフェスティバルアワード2004入選作品。登場人物わずか4人の小規模なインディペンデント映画だ。


PFFアワード2004入選作品 映画『ある朝スウプは』予告編

主人公はあるカップル。パニック障害を発症して職を失った男はこころの弱さにつけ込まれ、生長の家の信者になってしまう。

続きを読む