読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画は人助けをしない

最新映画について書くことはあまりありません。基本的に古い映画について書いています。内容は古さを感じないものにしたいです。

コズミック出版が販売している2種類のヒッチコックBOX、どちらを買えばいいのかという話

ヒッチコックチャップリン、グザヴィエ・ドランについてのエントリーを同時進行的に書いているのですが、下調べに時間をかけたいという理由で閑話休題

著作権が切れた映画のDVDを販売しているコズミック出版は、ヒッチコックの10枚組DVDBOXを2種類を販売しています。「サスペンス劇場」と「ミステリー劇場」です。

ヒッチコック サスペンス劇場 BCP-056 [DVD]

ヒッチコック サスペンス劇場 BCP-056 [DVD]

ヒッチコック ミステリー 劇場 DVD10枚組 ACC-001

ヒッチコック ミステリー 劇場 DVD10枚組 ACC-001

1作品を約200円で購入できると考えればどちらも安い。ということで、どちらがより優れたラインナップを揃えているのかを見てみましょう。

収録作品の「みんなのシネマレビュー」での平均点と「RottenTomatoes」での批評家支持率をまとめました(11月5日時点)。

サスペンス劇場

作品名 公開年 みんシネ RT
レベッカ 1940 7.00点 100%
バルカン超特急 1938 7.18点 98%
海外特派員 1940 7.26点 94%
逃走迷路 1942 6.09点 81%
疑惑の影 1943 6.54点 100%
ロープ 1948 6.47点 97%
見知らぬ乗客 1951 7.02点 98%
汚名 1946 6.76点 97%
断崖 1941 6.73点 100%
白い恐怖 1945 6.44点 83%

ミステリー劇場

作品名 公開年 みんシネ RT
私は告白する 1953 6.70点 80%
山羊座のもとに 1949 6.00点 58%
舞台恐怖症 1950 6.66点 89%
三十九夜 1935 6.66点 98%
救命艇 1944 6.07点 91%
サボタージュ 1936 6.00点 100%
暗殺者の家 1934 4.90点 89%
間諜最後の日 1936 4.71点 90%
第3逃亡者 1937 5.63点 100%
恐喝(ゆすり) 1929 5.25点 90%

レビューの点数は、サスペンス劇場が明らかに優勢ですね。

サスペンス劇場は主にアメリカ初期の作品で構成され、『レベッカ』『海外特派員』『逃走迷路』『見知らぬ乗客』『ロープ』など有名作品が多いのが特徴です。収録されている唯一のイギリス期の作品『バルカン超特急』は初期ヒッチコックを代表する傑作として知られています。『めまい』や『サイコ』、『裏窓』あたりは見たけど他はまだ、という人のためのヒッチコックの入門編として適していると言えるでしょう。

一方のミステリー劇場はイギリス期の作品が多く、地味な印象を受けます。ヒッチコックについて知りたいという人にはおすすめできませんが、サスペンス劇場とアメリカ後期代表作を見た!という人向けの上級編と言っていいかもしれません。ちなみに、『救命艇』はヒッチコックの最も過小評価されている作品として知られています。偏屈ハゲの凄さはもう知ってるよ!という人に見てほしいです。

いちがいにどちらが良いとは言えず、立場によって異なるというのが結論です。サスペンス劇場の充実ぶりはファンなら間違いなく買い。『レベッカ』と『バルカン超特急』が揃っている時点で買わなきゃ損なのです。

これからは息抜きにこういったエントリーを書いていこうと思います。レビューサイトレビューやりたい。