フリッツ・ラングの同系統作品『飾窓の女』と『スカーレット・ストリート』の評価の差

フィルム・ノワールの監督としても知られるフリッツ・ラング。 1944年に公開された『飾窓の女』は典型的なフィルム・ノワール作品とされている。暗い画面、ファム・ファタール、退廃的な雰囲気…。 映画評論家の梅本洋一は、こんな風にフィルム・ノワールを表現する。 <フィルム・ノワール>と呼ばれる映画は、そうした明…